NEWS

2020.7.22東京医療学院大学骨盤ケア講

東京医療学院大学で除算学生に向けて骨盤ケア講習を行いました。骨盤ケアを行う上で最も重要なことは、産前から産後までの状況把握と症状の原因を明らかにする評価力です。

骨盤から身体の見方を中心に骨盤ケアを通して妊娠中や産後の方がどのような状況にあるのか、どのような気持ちでケアを必要としているのかなどを中心にお伝えしました。その中でケアする側がどう関わっていくのか普段から自分が大切にしていることをお話ししました。

妊娠中や産後におこる症状はマイナートラブルだから仕方ない・・ということばかりではなくお母さん達の症状にどう向き合うかが大切です!