NEWS

2018.10.7 首都大学東京骨盤ケア研修会

首都大学東京で助産師さん対象に骨盤ケア講習会を行いました。

日々、妊産婦さんを診させて頂く中で大切にしていること
①自身の骨盤状態をしっかり把握する
②日常生活動作の中で正しい姿勢や呼吸を意識する
③無理なく維持・継続できること など中心にお伝えさせていただきました。

現場での治療において、手技,鍼灸治療の効果はもちろんですが 、それぞれ妊産婦さんにあった姿勢があり 各々身体への重力を最小限に受け止められる身体作りの知識を第一に考え、お伝えしています。利にかなった姿勢をとることは痛みや体形、症状改善に絶大な効果をもたらします。姿勢は今まで過ごしてきた証。 重力をどのように受け止めているかで姿勢は作られます!